Kデザインでは、“ハイクオリティ・ハイセンス”しかも“ロープライス”という
相反する要素を兼ね備えたマイホームをご提供しています。
一級建築士として培われた長年の経験を活かし、Kデザイン独自のシステム構築により
実現された究極のスタイル『プレアビ住宅』
洗練されたデザインと住まう方の利便性を大切に考えつつ、
土地探しから資金計画までトータルにプロデュースします。

Kデザインのプレアビ® 土地の特徴

土地選びで大切なことは一日のうちの朝、昼、夜といった違った時間帯にその土地を見てみること。自然環境(太陽、風など)、近隣の状況、騒音などを一日を通して把握することによって新築住宅をイメージする。そうすれば、ああすればよかったとか、こうすればよかったとか、いうことが少なくなる。Kデザインのプレアビ®住宅を建てる前にきちんと押さえておきたいこと。

Kデザインのプレアビ®住宅の土地の良しあし

宅地とは、建物を建てる目的で取引する土地のことです。ですからそこに家を建てるための土地です。でも土地は、必ずしもすぐに家を建てられる状態であるかどうかは、不動産屋さんでもわからないことが多く、やはり建築士の知識が必要です。安いと思った土地が、家を建てるためには、よう壁工事が必要だったり、配管工事費がかかったり、思わぬ出費を招くことがあります。土地を探すときから、プレアビ®できるように、建築士に相談するほうがいいでしょう。

Kデザインのプレアビ®大里東 解体完了

只今工事中プレアビ大里東の解体工事は完了いたしました

Kデザインの霧ケ丘1丁目 解体中

只今売り出し中の霧ケ丘1丁目土地は解体中。まもなく更地になります。一級建築士設計のプランをイメージしてみませんか?

Kデザインのプレアビ®で限りある時間を有効に

土地は坪数だけでは判断できない。形状、高低、接道位置、方位などの要素が大きく関わる。住宅を建てられるように整えることが必要。

Kデザインの「宅地」とは

宅地とは、建物を建てる目的で取引する土地のことです。ですからそこに家を建てるための土地です。でも土地は、必ずしもすぐに家を建てられる状態であるかどうかは、不動産屋さんでもわからないことが多く、やはり建築士の知識が必要です。安いと思った土地が、家を建てるためには、よう壁工事が必要でバサリお金がかかることがあるのです。ですから土地を探すときから建築士に相談するほうがいいでしょう。

KデザインのプレアビⓇ工事進行中

プレアビⓇ井堀のベタ基礎のベース鉄筋工事

KデザインのプレアビⓇ井堀

KデザインのプレアビⓇは土地から

神幸町のプレアビⓇ住宅は古家があった土地がこんな風に変身!

KデザインプレアビⓇの土地の選択

土地の高低差があるとまずいのは、現代社会はクルマ社会だから。どんなに小さな土地でも、駐車スペースの確保ができ、クルマでの出入りができることが第一よね。昔流行った石垣堀車庫は見栄えはいいが、実際の生活では不便。Kデザインの土地探しの条件としては、2−3台の駐車スペースの確保。オープン外構はこれからの高齢化社会ではなくてはならないもの。