Kデザインでは、“ハイクオリティ・ハイセンス”しかも“ロープライス”という
相反する要素を兼ね備えたマイホームをご提供しています。
一級建築士として培われた長年の経験を活かし、Kデザイン独自のシステム構築により
実現された究極のスタイル『プレアビ住宅』
洗練されたデザインと住まう方の利便性を大切に考えつつ、
土地探しから資金計画までトータルにプロデュースします。

Kデザインの「家」は人が集うところ、でも主役は住んでいる人

お盆の休暇中は家族がみんな集まってわいわいがやがや。そんな時のために広いLDKや和室がほしい。でもいつも使うのは住んでいるあなたです。家の主役は時たま訪れる客人や親戚ではなく、住んでいるあなた自身です。年に何回か数えられるほどの時のためにムダな空間をとるよりは、普段使い勝手がいいように設計する方がいいでしょう。Kデザインのプレアビ®は生活の導線を考えています。

Kデザインのプレアビ®それともマンション?

マンションに住もうと考えている人。管理費、共益費、駐車場代、などローン以外に月々支払わなければならない。土地と家なら、その土地がどんなに狭くても駐車スペースを2台、あるいは3台確保し、マンション相当以上の広さの家を建てても、月々はぐっと楽だ。それを可能にするのがKデザインのプレアビ®住宅です。

Kデザインのプレアビ®住宅で予算立て

新築する時の予算の目安は、ローンでいくら借りられるか、また、月々いくら払えるかが重要なポイントです。今の家賃より大幅アップは生活を圧迫するでしょう。固定資産税もあります。全体の予算をしっかり押さえて新築住宅をゲット!KデザインのプレアビⓇ住宅なら総予算がはっきり見えます。

Kデザインのプレアビ®で優先順位を再考

何事においても、ついいろいろな条件に惑わされて何が大切かを見失ってしまうことが多々ある。優先順位をもう一度しっかりと見直して、限られた予算で決断をしましょう。予算オーバーしていいことなのか、そこまでしなくていいのか?しっかりと先を見据えましょう。KデザインのプレアビⓇでお手伝いします。

Kデザインのプレアビ® 坪単価って?

本体工事の坪単価に含まれるもの、含まれないものが業者によって異なります。見比べて何が入っていて何が入っていないのかを検討しましょう。本体工事とは別に思わぬ出費がどんどん増えていくことが考えられます。しっかりと見極めていきましょう。プレアビⓇ住宅の標準仕様もチェックしてみてください。

プレアビⓇ住宅を建てる準備には

過去においてローンの滞納などがあった場合は住宅ローン審査に影響を及ぼすことがあるので注意が必要。最近は携帯電話の支払など自分でも気づかないうちに滞納状態になっていたりすることがあります。ちょっとした不注意で将来のマイホーム実現が遠のいてしまいます。どうぞ気をつけてください。

プレアビⓇ住宅の装備:太陽光発電

太陽光発電は、KデザインのプレアビⓇ住宅の標準装備です。太陽光発電を後付けするとかなりの金額がかかるが、最初に35年ローンの中に組み入れれば、35年間でゆっくり返済するわけだからおトクです。また、月々の電気代もタダ同然です。売電だって可能になることも。とにかくローン返済以外にガス代、電気代が大きくかかることにはならないのです。

KデザインのプレアビⓇの価格はハッキリ!

Kデザインはどこが違う?価格が最初からはっきり見える!だから安心!!家は何年もずっと住み続けるものです。長い眼で見て何がふさわしいのか、Kデザインはアドバイスします。プレアビ住宅の標準装備をしっかりチェックしてください。本当に必要なものはすべてそろっています。

Kデザインの住宅ローン

今月18日にゆうちょ銀行も住宅ローンに参入することが発表された。いろいろ議論はあるだろうが、さらに競争が増し、消費者にとってはありがたいこと。マイホーム実現の助っ人になるかもしれない。

KデザインのプレアビⓇ 将来のプランは?

人にはみなそれぞれの生活がある。 ------ 夫婦二人だけ。あるいはシングルペアレント。子ども一人の3人家族。子ども二人の4人家族。子ども三人の5人家族。2世代にわたる大家族 ------ でもそれらの家族も時とともに形が変わる。その変化にも対応できるように将来のプランをたてる。大切なことはどういう形になってもフレキシブルで機能的な「家」を建てること。