Kデザインでは、“ハイクオリティ・ハイセンス”しかも“ロープライス”という
相反する要素を兼ね備えたマイホームをご提供しています。
一級建築士として培われた長年の経験を活かし、Kデザイン独自のシステム構築により
実現された究極のスタイル『プレアビ住宅』
洗練されたデザインと住まう方の利便性を大切に考えつつ、
土地探しから資金計画までトータルにプロデュースします。

Kデザインのクリスマを待ち望んで

クリスマスは誰のお誕生日でしょうか?それは、イエス様のお誕生日です。クリスチャンでもそうでなくても、日本中の人たちがその誕生日をお祝いします。意味がわかっていてもわからなくっていいのです。こんなにたくさんの人たちに歌を歌って、祝ってもらえるって、すごいです!!

プレアビ®住宅の見える予算!

政治だって透明化が叫ばれている。不透明で説明責任を果たさないのはよくない。 プレアビ®住宅の予算。それは見える!オプションをどんどんつけていくといつの間にか知らないうちに予算が増えている。予算の見える化。それがKデザインのプレアビ。

Kデザインのプレアビ® 窓はどんな窓?

採光のとれるドアや開放感のある大きな窓が絶対に必要でしょうか?地球温暖化によって年々夏の暑さは増し、冬の寒さも異常な現象があらわれたりします。そんな今、求められるのは気密性の高い家です。暑さにも寒さにも対応できます。家を建てる時に留意するべきはそこです。Kデザインのプレアビ®住宅の窓をチェックしてみてください。

Kデザインのプレアビ®住宅からSDGsを考える

SDGs(持続可能な開発目標)は2030年までの国際目標です。世界的規模はさることながら、何か、自分にできることはないだろうか。自分の家でもそう。Planet(地球)にやさしいライフスタイルを選びとっていくことならできそう。持続可能ってことがすべてのキーワードになる。

Kデザインのプレアビ® メキシコ地震から思うこと

メキシコの地震。日本の建物はあんな倒れ方はしないだろう。でもいまだに助け出されていない子どもたちのことを思う。生存率がぐっと下がる72時間。早く助け出してほしいと祈る。

Kデザインのプレアビ®の管理はシンプルで持続可能

何でもシンプルなことは続けられる。でもちょっと面倒だと続かないものです。家の管理も同じ。シンプルでお金がかからないように最初からデザインして使い勝手を考える。それがプレアビ®住宅の基本です。お金をかけるところ、かけないところ。また後でもかけられるところ。いろいろ優先順位を考えてみましょう。

Kデザインの夏向きの家は?

地球温暖化で本当に気候がおかしい。ゲリラ豪雨だと思ったら、かんかん照りの猛暑日が続く。はたまた雷や雹や竜巻や。家もそのような気候に対応したものでなければ快適さは得られない。特に夏の暑さはここ数年増すばかり。だからこそゼロエネルギーハウスが必要なのですね。暑さをしのぐためには、庇やシェードも役に立ちます。でも何より窓を小さくするのが一番いい。もちろん冬の寒さにも対応できる。デザインを重んじながら小さな窓でも素敵に設計できます。 プレアビ®住宅はそんな住宅です。

Kデザインのプレアビ®住宅設計の上での近隣への配慮

プライバシーを守りたいと思うのは誰しもです。広い土地ならいざ知らず、利便性のいい土地はどうしても限られた坪数の中での設計となります。しかしながらそこにずっと住むわけですから、近隣とのトラブルの原因になるような設計は避けるべきです。そのような配慮や心配りが快適な生活につながります。プレアビ®住宅の設計はKデザインの建築士が豊かな経験を通して近隣へ配慮し、お互いのプライバシーが守られるように心を砕いています。

Kデザインのプレアビ®は技術者の目、生活者の目

「 サステナブル」(持続可能)な家。住宅の仕様は環境にやさしくエコであることはもちろん。経済的に「サステナブル」であることは不可欠。ランニングコスト、ローンの支払、固定資産税支払を無理なく続けていけること。KデザインのプレアビⓇ住宅は住むひとの立場で技術者の視点そしてまた生活者の視点でデザインされています。

Kデザインのプレアビ®なら安心!

いつも1円、2円安いからって遠いGSまでガソリンを入れに行く。それに日用品が10円、20円安いからってわざわざ別のスーパーまで出かける。なのに家を買う時には大きな金額に慣れてしまって、1万円、2万円くらいならアップしてもまあまあいいかって手を打ってしまう。その感覚って、日頃の1円、2円の苦労が水の泡と思いませんか?家を買うときこそ、金銭感覚を研ぎ澄まして、シビアになって下さい!!プレアビⓇなら安心です。